相続放棄


相続放棄とは

・よく聞く、「父が亡くなり息子である私は相続放棄をしますので、母が相続します。」というような会話の相続放棄は、単に相続しないという意味で使っていることが多いと思います。

この場合のように、誰かが相続しないのであれば遺産分割でそのように決めればよいだけです。

・相続放棄とは、故人の相続人が、相続財産(プラスとマイナスの財産)を相続することを放棄することで、単に相続しない事ではありません

・相続放棄をすると、故人のすべての相続財産(プラスとマイナスの財産)を相続せずに最初から相続人ではなかったものとみなされます

・子ども全員が相続放棄をすると、相続人が母だけになるのではなく、亡くなった父の親や父の親が亡くなっている場合は父の兄弟姉妹に相続権が移り、母と父の親や父の兄弟姉妹が相続人になります。

・子ども全員が相続放棄をしたのであれば、親や兄弟姉妹も相続放棄をしたほうがよいことが多いと思います。

 

相続放棄を検討した方がよい人

・亡くなった人が遺産よりも借金の方が多い

・亡くなった人と交流がなく、どのような生活をしていたかわからない

 (誰かの保証人になっていたり、無用な相続争いに巻き込まれたくない)

・亡くなった人の財産が資産価値のない山林などだけ

 

相続放棄の方法

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に相続放棄の申述書を家庭裁判所に提出しなければなりません。

申述できる人

・相続人

申述する裁判所

・亡くなった方の最後の住所地(住民票のある場所)を管轄する家庭裁判所にします。

必要書類

・相続放棄申述書

・亡くなった方の住民票除票又は戸籍の附票

・相続放棄する人の戸籍謄本(相続人であることを証明できる範囲の亡くなった方の除籍謄本等)

・亡くなった方の死亡の記載のある戸籍謄本

費用

・収入印紙 800円

・郵便切手 裁判所の定めによる

申述書を提出すると

・申述書を提出すると、しばらくして家庭裁判所から「相続放棄回答書、相続放棄照会書」という書類が送られてきます。

・送られてきた書類に回答すると、家庭裁判所で審理が行われ、問題がなければ相続放棄の申述が受理されます。

・受理されると相続放棄受理通知書が送られてきます。

相続放棄の報告

・請求してきた債権者に相続放棄をしたことを伝えるために、家庭裁判所で相続放棄申述受理証明書を取得します。

 (通常、家庭裁判所から送られてくる通知書と一緒に証明書発行の申請書も同封されています)

・自分が相続放棄したことにより、新たに相続人になった人へお伝えしておいた方がよい場合があります。

 (必要であれば、他の相続人も相続放棄しなければならないので)

 

相続放棄の期限の3か月以内とは

・相続放棄は、「自己のために相続の開始のあったことを知った時から3か月以内」にしなければなりません。

・自分が相続人だと知らなかった場合は、3か月の期間は始まっていないと言えます。

・相続財産の中に借金がある事を知らなかった場合など知らなかったことに理由があるときは、3か月が経過していても相続放棄が認められることがあります。

・この期間を過ぎると、相続を承認したものとみなされます。

・期間内であっても相続財産のの一部でも処分(預貯金を解約出金し使ってしまった等)すると、単純承認が成立してしまい、相続放棄が認められなくなります。

・相続財産の調査に時間がかかるといった事情があれば、3か月の期間を延長してもらうこともできます。

 


☎047-329-2095

電話受付

9:30~18:30(日曜・祝日除く)

お気軽にお問い合わせください

どれくらい費用がかかるのだろうか?対応はどんな感じなのか?など不安はたくさんあると思います。些細なことでも結構です。まずはお気軽に、電話・メールにてご連絡ください。